円卓 (文春文庫)

3.87
  • (215)
  • (283)
  • (217)
  • (37)
  • (8)
本棚登録 : 2397
レビュー : 302
著者 :
読魔虫さん 作家名   読み終わった 

H30.9.28 読了。

・「子供が世界を生きる、世界を感じる、ということ。何かが起こる/起こらないに関わらず、それ自体がすでに奥深い物語をはらんでいる。自分がいつの日か耳にした、世界の軋む音が聞こえる。『円卓』は、その裂け目から差し込む息の詰まるような光を、今一度思い出させてくれる作品である。(解説より)。」「世界には阿呆も思慮もある。どちらも分け隔てなく世界は受容する。思慮に偏ることも、阿呆こそが正義と開き直ることも、この作品は良しとせず、優劣をつけない。そのままのバランスの美しさを、それらが融合する場所の幸福こそを、本書は描くのである。(解説より)。」

 主人公の小学三年生の渦原琴子(通称:こっこ)と吃音のあるぽっさんなどの個性の強い友人たち、琴子のことを猫かわいがりする程、大好きな家族たちなど西加奈子さんの個性的なキャラ満載の小説でとても面白かった。徐々に終わりが近づいてくると、この世界観から離れたくないと寂しくなるような気持ちにさせられました。
 映画も観てみたい。

レビュー投稿日
2018年9月28日
読了日
2018年9月28日
本棚登録日
2018年3月15日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『円卓 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『円卓 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする