虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

4.13
  • (1756)
  • (1719)
  • (750)
  • (152)
  • (49)
本棚登録 : 11541
レビュー : 1547
著者 :
甘味白玉さん  未設定  未設定

「虐殺器官」のアイディアと、ラストの主人公の決意(決して良いとは言えませんが……)が、知的で新しい!
ひどいこと言ってるのに、つい感心して納得。
(つまり私には、器官にせよ紛争減少にせよ、この本の世界でこれ以上の方法を思いつけない)

外国、しかも架空の設定なのに、ここで描かれる紛争や戦闘を日本の読者に他人事ではないと感じさせる力量も、素晴らしいです。

レビュー投稿日
2017年10月23日
本棚登録日
2017年10月23日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)』のレビューをもっとみる

『虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)』に甘味白玉さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする