読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい

参ったなあ。まるでうちの家族について書いてあるみたいだよ。そして、50歳にもなってバンドのメンバーから無視される俺の生きづらさの原因は、大人の発達障害なのかも。もうちょっと勉強して、じっくり見極めなきゃ。

読書状況 いま読んでる

家のローンが終わるまでは、クルマも時計もおあずけだと思ってたけど、必ずしもそうではない事がよくわかった。「スペンド・シフト」の個人版みたいで興味深いし、実行可能。ライフネットの出口さんも言ってたが、お金はどう使うか、が肝だな。

読書状況 いま読んでる

意味はよくわかるのだが、糖質制限で社会は大きく変わる、と話がだんだんと大きくなっているが、一個人としては淡々と糖質制限を実践し、医師としては糖質制限を広めていけばよいだけ。皆さんがお好きなエヴィデンスも出そろってきて、糖質制限を人にすすめやすくはなった。しかし今回の江部さんはかなり辛口で主張が強いんで、夏井さんや河野先生が好きな人には特にオススメだな。
自分で糖質制限を実践してみたい人には従来の「主食を抜けば糖尿病は良くなる、、、」や「糖質制限の教科書」がいいと思う。

読書状況 いま読んでる

どうにも異和感をぬぐいきれないまま読んだ。興味深い話は満載だ。しかしこれは、灘中や附設あたりの子たちがターゲットだ。しか〜し、彼らに読ませたくない気持ちも大いにある。出口治明さんの歴史の見方や仏教的な視点からすれば、何も変化が起こらないと言っていい安定で中庸な世界、生活が宇宙、歴史、人間の本質。
半分大人の俺からしても、パラダイムシフトのために世代交代を待つなんてそれ自体が古い。
この本は大人が読んで、今日からの生き方に活かせばいいんじゃないか?
大人が子どもにこの本を薦めること自体が恣意的だな。
いや、読んでて反抗期の子どもになってしまいました。あ、寄藤さんは相変わらずいい仕事してます。

2017年3月16日

読書状況 読み終わった [2017年3月16日]

日本のトップ ピアノ ロッカー、伊東ミキオくんが紹介してた本。60年代後期〜70年代に素晴らしい作品を生みだした音楽スタジオ、そして代表的なアルバムを紹介した佳作。愛読書「レコーディング スタジオの伝説」より少し後の時代を取り上げてるんで、個人的な音楽の趣味とは少しずれる一方、70年代の音楽はリアルタイムとまでは行かずとも、本書に登場するアルバムほとんど知ってる曲ばかりなので、こんなスタジオで制作してたのか、という嬉しい発見の連続。中学時代から宅録オタクな僕にはドンピシャな本だったが、70s 音楽を愛するみなさんにも是非読んでもらいたいな。

2017年2月26日

読書状況 読み終わった [2017年2月26日]

サブ4達成以降、ずっと岩本氏の本、というか練習法のお世話になり、一人で練習を続けてきた。今回の本も気になり、ネットで品切れ中の間に、転売ヤーに多少マージン払って購入したのだが、、、
あの岩本氏がペース走、インターバル、はては2時間歩行を語っている。そして何とストレッチ!!
もう日和ったとしか思えない。以前からの読者には混乱を起こさせるだけだ。
歩行はバッドウォーター向け。自己ベストを目指すランナーにはLSDさえ不要と言ってたのは誰か?
俺は昔の岩本氏に従い、峠走とビルドアップのみでサブ3を目指す、というか着実に近づけている。
ペースごとに詳細なメニューを組んで記載するのは、むしろランナーに考えさせずに練習させる手法。
この本は読んじゃダメ。俺は今日捨てる。

名著「型破りマラソン攻略法」に書いてあるポイントは以下。
マラソンは食べるスポーツ
直前まで食べ続けていい
薄底シューズ 
30km走不要
カーボローディング不要
LSD逆効果
ストレッチ不要
峠走とビルドアップ走

今回新しい内容はなし。これまでの本はどれもオススメであり、岩本氏の練習法は今でも不滅であることに変わりはない。

石原光二郎

2017年2月24日

読書状況 読み終わった [2017年2月24日]

著者が全霊で外界と対峙していることには敬意を表するが、観念の世界、独自の世界がいささか強すぎる。簡単に言ってしまえば頭でっかち。10年後ぐらいに御自分で読み直していただければわかっていただけると思う。とはいえ、当事者が発する声、というのは貴重で「アルビノを生きる」「死んでいきかえりましたれぽ」とともに、一度は読んでおきたい本でした。

2017年2月4日

読書状況 読み終わった [2017年2月4日]

tipsというよりも、料理、家事に対する考え方、さらには生き方を伝えてくれる素晴らしい本。読んだだけで買いもののしかたが変わり、食材の無駄が減りお金が貯まるようになった。また余熱を意識するようになって、料理の出来も変わってきている。自分の頭で考えるのが好きな人にはオススメ。

2017年2月3日

読書状況 読み終わった [2017年2月3日]
読書状況 いま読んでる
読書状況 読み終わった [2016年9月20日]

この本は残念ながら役に立たず。30km走がやたらと出てくるが、30kmじゃないといけない根拠は見当たらず。僕はストレッチもアイシングもカーボローディングもせずに最長20km、月間200kmの練習でケガもせずにサブ3.5。サブ4がターゲットなら、着地など細かいフォームの説明、体幹を使った走りの具体的な説明が欲しい。真鍋さんのところの監督なら、そういうの得意だと思うが。

読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
ツイートする