みどりのゆび (岩波少年文庫)

4.12
  • (109)
  • (64)
  • (70)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :597
  • レビュー :97
制作 : ジャクリーヌ・デュエーム  Maurice Druon  安東 次男 
寺子屋の小僧さん 子どもと読む本   読み終わった 

「きみは医者が知らなくてはならないいちばんたいせつなことを、ひとりきりで学んだんだ。」
「じゃ、二ばんめには?先生。」
「それは、病気の人たちをよく看病してあげるために、その人たちをうんと愛してあげることだね。」

医者を教師に、患者を生徒に読み替えていた。
何度も幸せな気分になり、何度も泣かされる本だった。

レビュー投稿日
2014年8月30日
読了日
2014年8月30日
本棚登録日
2014年8月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『みどりのゆび (岩波少年文庫)』のレビューをもっとみる

ツイートする