ノーザンライツ (新潮文庫)

4.12
  • (98)
  • (77)
  • (66)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 685
レビュー : 53
著者 :
てらおさん 写真集・エッセイ   読み終わった 

今回で、星野道夫氏の著作は8冊目ぐらいだが、今までで圧倒的に面白かった。いや、どれも星野道夫氏の著作は面白いのだが、この著作では、アラスカの激動の歴史が、その時代を生きた人々からの経験や言葉から語られ、それらの人と年齢が大きく離れているにも関わらず星野が実際に深い友情で結ばれていること!が物語を面白くしている。こんなにも、アラスカという場所が、魅力的であることを今まで知らなかった。いつか、自分にとって人生で大事な旅の時に、アラスカを訪れてみたいと思う。

星野氏ほど、写真としての表現力、人を惹きつけるこの文章力の2つの両方が、これほど卓越している人はいないのではないか。。

レビュー投稿日
2013年11月2日
読了日
2013年11月2日
本棚登録日
2013年11月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ノーザンライツ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ノーザンライツ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする