聖耳

著者 :
  • 講談社
3.56
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 4
4

読んでいることが落ち着きに通じる、という妙な錯覚を覚える、この人の文体は。しかし、内容は落ち着きを覚えるような穏やかな内容ではない、それほど。空気は穏やか。語り手も穏やか。でも穏やかでは決してない。何だろう。この不思議な感じは。どんな話だったかと聞かれてもいまいち説明のしようがないのもこの人の作品の特徴かもしれない。読んでるそばから、それは小説なのだけど話の筋的なものは削ぎ落とされていってしまう、そんな妙な感じがまた一興で、やめられない理由なのかもしれない。(09/8/2)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2010年5月15日
読了日 : 2010年5月15日
本棚登録日 : 2010年5月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする