夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです

4.01
  • (180)
  • (203)
  • (120)
  • (22)
  • (4)
本棚登録 : 2262
レビュー : 225
著者 :
teruyaさん エッセイ、その他   読み終わった 

村上春樹のインタビュー集。

タイトルの「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」という言葉に、村上春樹の小説家人生の全てが詰まっている。彼は物語というものを心の底から愛している。人生の全てを創作活動に捧げており、その姿はあたかも聖人のようだ(彼は間違いなく否定するだろうが)。そして、多くの人の心を揺さぶろうと、心の奥底に深く沈みこみ、丹念に、長い時間をかけて文章をつむいでいくのだ。そのあまりに誠実な生き方が、世界中で愛される作品を生みだすのだと、この作品を通じてよく分かる。

こんなにつまらない自分でも、心の声に従って素直に生きていこうと、そう思える素晴らしい一冊。

レビュー投稿日
2012年2月27日
読了日
2012年2月27日
本棚登録日
2012年2月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』のレビューをもっとみる

『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする