震度0 (朝日文庫 よ 15-1)

著者 :
  • 朝日新聞出版 (2008年4月4日発売)
3.46
  • (137)
  • (367)
  • (497)
  • (96)
  • (15)
本棚登録 : 3188
感想 : 277
4

阪神大震災の朝、発覚した警務課長の失踪をめぐり、本部長を含む県警幹部がそれぞれ自分を守るため水面下で行動を起こす。一方、その妻たちもそれぞれの思惑に従い、動き回る。

みんな失踪した警務課長の心配をせず、自己保身ばかり考えている。唯一同感できたキャラは警備部長だった。
スピード感があって面白かった。意外な結末。

警察物を書くことが多い著者だが、いつも裏切らない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2018年12月21日
読了日 : 2018年12月21日
本棚登録日 : 2018年12月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする