現代霊性論

3.98
  • (49)
  • (70)
  • (41)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 489
レビュー : 69
著者 :
tet375jpさん 評論   読み終わった 

 本に記してあるように、神戸女学院の大学院で行なわれた「現代霊性論」の講義録に基づいた本で、読み易くまとまられていると思う。テーマ的には徐々に難しいというか本質的な宗教って何の方向に流れてゆくようになっている。学生向けの講義という形態をとっていることで、内田・釈両氏の難しい話をなるべく砕いて学生に語るという姿勢に好感が持てる。それは時に漫才のようでもあり、現場を笑いの渦に巻き込みながらの講義の模様は、本書からも充分窺える。

私にとって、日常と宗教的なもの(霊性)のかかわりについて、歴史的な背景も含めて広く教えてもらえた有益な内容であった。

それにしても二人とも面白い。

レビュー投稿日
2010年12月16日
読了日
2010年12月15日
本棚登録日
2010年10月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『現代霊性論』のレビューをもっとみる

『現代霊性論』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする