甘い水 (真夜中BOOKS)

3.31
  • (9)
  • (12)
  • (17)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 160
レビュー : 32
著者 :
tetnetさん  未設定  読み終わった 

著者の繊細な五感が針のような鋭さで抽象する世界は、柔らかさ、静けさ、肌触り、香り、光などによって注意深く再構成された、決して辿り着けない、と同時に決して抜け出せない世界の安らぎと哀しみに満ちている。細切れのシーケンスが危うげに紡ぐ蜘蛛の糸のごとき命の連環を辿りながら、命や、その存在について考える。エンデの「鏡の中の鏡」にも通じる、ガラス箱のような物語。

レビュー投稿日
2010年8月6日
読了日
2010年8月5日
本棚登録日
2010年8月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『甘い水 (真夜中BOOKS)』のレビューをもっとみる

『甘い水 (真夜中BOOKS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする