査察機長 (新潮文庫)

3.93
  • (29)
  • (23)
  • (27)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 242
レビュー : 28
著者 :
tetsuya44さん  未設定  読み終わった 

すごい臨場感、緊迫感とスピード感、夢中になってあっという間に読み切ってしまった。物語は若手機長、村井の成田からニューヨークまでのチェックフライト。専門用語も出てくるけど、そんな細かいことは気にならないし、逆にそれがリアリティを増しているようにも感じる。

パイロットは年に数回、このような技量チェックを受け続けているという。主人公は査察官の氏原に関する悪い噂ばかりが気になっていたが、吹雪の中の着陸では二人で息を合わせて、無事に難関を乗り越える。そして、チェック後のブリーフィングでは、査察官の考えていることを、もっと知りたいと思うまでになる。査察官の言葉の中で印象に残ったのは、チェックは教育ですというもの。

レビュー投稿日
2018年12月9日
読了日
2011年6月13日
本棚登録日
2011年2月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『査察機長 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『査察機長 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『査察機長 (新潮文庫)』にtetsuya44さんがつけたタグ

ツイートする