万能鑑定士Qの事件簿 XI (角川文庫)

3.85
  • (133)
  • (229)
  • (190)
  • (15)
  • (0)
本棚登録 : 1808
レビュー : 169
著者 :
ももたさん  未設定  読み終わった 

水無施という強敵が登場!
兄弟子との対決にワクワクします。
小笠原くんと莉子の恋愛模様も気になります。




わずか5年で京都随一の有名スポットになった音隠寺。そこは、あらゆる願いがかなう儀式で知られていた。京都に赴いた凛田莉子は、住職・水無瀬瞬によるトリックをほぼ見抜くが、決定的証拠を握れずにいた。止められない瞬は、次の話題づくりに安倍晴明の式盤を狙う。所在不明の式盤を密かに探し、盗むつもりだ。「国宝」にたどりつくのは莉子か瞬か?かつてない敵を相手に、究極の頭脳戦が始まる。書き下ろし「Qシリーズ」第11弾。(BOOKデータベース)

レビュー投稿日
2014年9月29日
読了日
2013年11月9日
本棚登録日
2013年11月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『万能鑑定士Qの事件簿 XI (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『万能鑑定士Qの事件簿 XI (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする