北の五稜星

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年12月21日発売)
3.47
  • (1)
  • (9)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 10
2

維新後の五稜郭での戊辰戦争を舞台にした少年たちのお話し。

この本はおもしろいかどうかの判断ができなかった。その理由は登場人物の名前、松太郎、恒太郎、正太郎、英次郎など似た名前で、かつキャラクターも特徴がないので誰が誰だか分からなくなってしまいストーリーが、ほとんど頭に入ってこなかった。

分かりに安い名前にする必要はないけど、キャラで区別できるくらいの書き方にしたらどうだろう。

北方謙三さんの水滸伝あたり、どれだけ登場人物が増えても分からなくなることがないのは、やはり書き手の技術力なんだと思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2012年2月29日
読了日 : 2012年2月29日
本棚登録日 : 2012年2月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする