プレイバック (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-3))

3.43
  • (26)
  • (56)
  • (111)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 603
レビュー : 45
制作 : 清水 俊二 
Tetchyさん ミステリ&エンタテインメント(海外)   読み終わった 

ミステリで最も印象的な文章は何?と訊かれた時に、真っ先に思いついたのはこの台詞、

「しっかりしていなかったら、生きていられない。やさしくなれなかったら、生きている価値がない」

だった。フィリップ・マーロウの代名詞とも云えるこの台詞が出てくるのはチャンドラー最後の長編である本作なのだ。

マーロウは馴染みのない弁護士からある女性の尾行を頼まれる。弁護士が指示した駅に行くと確かにそこには女がいた。その女は男と会話したり、コーヒーを飲んだり、暇を潰していたが、やがて動き出した。付いた場所はサンディエゴのホテル。マーロウは彼女の部屋の隣に部屋を取り、盗聴する。やがて駅で話していた男が現れ、その女性ベティに無心する。マーロウはベティの部屋に入ってその男を殴るが、逆にベティに殴られてしまう。
その後ホテルを移ったと思われたベティがマーロウの部屋に現れ、無心をした男ミッチェルが移転先のホテルで死体になっているという。しかしマーロウが行ってみると死体はなかった。

長編の中でも一番短い本書はあまり事件も入り組んでいなくて理解しやすい。登場するキャラクターも立っているので十分満足できる。
ただシリーズの最後を飾る作品としては物足りなさ過ぎる。
逆に本作がマーロウシリーズの入門書としてもいいかもしれない。

この頃のチャンドラーはもう精神的にも肉体的にもボロボロだったらしい。『長いお別れ』を発表してからの5年間は愛妻の死、イギリス政府と泥仕合をすることになった国籍問題、そしてそれらが心を蝕んだ故にアルコールに溺れ、治療のための入院など、まさに人生としての終焉を迎えているかのようだ。そんな中で書いたのが本作。だからなんとなくマーロウも“らしくない”。そして本作発表の1年後、チャンドラーは没する。

そしてこの題名。これは全く内容と関係ない。“バック”と付いていることから前向きではなく、後ろ向きであることがうかがえる。これはもしかしたら既に自分の作家としての能力に限界を感じたチャンドラーが昔の全盛期をもう一度と望んだ心の叫びなのかもしれない。
舞台がロスでないなど、マーロウにこだわる読者の中では色々と不満があるようだが、個人的にはやはりあの台詞に出逢えた事がうれしく、十分満足できた。

レビュー投稿日
2017年6月4日
読了日
2017年6月4日
本棚登録日
2017年6月4日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プレイバック (ハヤカワ・ミステリ文庫 ...』のレビューをもっとみる

『プレイバック (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-3))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『プレイバック (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-3))』にTetchyさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする