立証責任〈上〉 (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.28
  • (2)
  • (9)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 90
感想 : 10
3

前作『推定無罪』で主人公サビッチの弁護人として快刀乱麻の活躍ぶりを見せたスターンが今回の主人公だが、前作とは打って変わって妻の自殺で始まる冒頭から肉欲に溺れていく凋落ぶり、はたまた長男ピーターに鼻で笑われるダメ親父ぶりをこれでもかこれでもかと見せつけ、結局スターンも“人”に過ぎないのだなと思わせる。
人間ドラマとして本書は最高の部類に入るだろう。それは人物描写の緻密性、物語としての結構を見ても間違いない。
(下巻へ続く)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ミステリ&エンタテインメント(海外)
感想投稿日 : 2019年2月15日
読了日 : 2019年2月15日
本棚登録日 : 2019年2月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする