モノグラム殺人事件 (〈名探偵ポアロ〉シリーズ)

2.83
  • (1)
  • (8)
  • (15)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 108
レビュー : 12
帝塚山大学図書館さん 図書館おすすめ本 ~2017   読み終わった 

ポアロといえば、アガサ・クリスティーが作り上げた名探偵。

原作は短編を2~3しか読んだことがありませんが、私の中ではイギリスのテレビドラマの丸い体形に特徴的な髭のイメージが染みついています。

原作はドラマでのお楽しみということで、英国アガサ・クリスティー社公認の別著者による本作を手に取りました。
前半は海外翻訳小説特有の読みづらさを感じましたが、後半は登場人物が出そろったことで、どんどん引き込まれました。

ロンドンの一流ホテルで起こった殺人事件から始まり、イギリスの田舎町の閉鎖的な人間関係と過去に起きた事件、ポアロのセリフにルビで「ボン」「ノン」「ウイ」と入っていたりと、雰囲気を十分楽しむことが出来ました。

図書館スタッフ(学園前):スケルツォ

レビュー投稿日
2016年3月8日
読了日
2016年2月29日
本棚登録日
2015年10月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『モノグラム殺人事件 (〈名探偵ポアロ〉シ...』のレビューをもっとみる

『モノグラム殺人事件 (〈名探偵ポアロ〉シリーズ)』に帝塚山大学図書館さんがつけたタグ

ツイートする