「裸のサル」の幸福論 (新潮新書)

  • 新潮社 (2005年4月15日発売)
3.27
  • (3)
  • (9)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 18
4

著者は動物行動学の専門家。著者自らは、本書は幸福になるための啓発本ではなく、動物としての人間の感情から生じる「幸福」の源泉を科学的に説明すると書いている。そう思って読めば科学的な気もするが、語っている内容は、ありがちな幸福論・人生論のようでもある・・・とはいえ、幸福をタイプ別に分類したり、幸福の定義にこだわったりする様は、やはり科学者の著なのである。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 新書 理数系
感想投稿日 : 2008年9月5日
読了日 : 2008年9月5日
本棚登録日 : 2008年9月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする