レ・ミゼラブル 07 第四部 叙情詩と叙事詩 プリューメ街の恋歌とサン・ドゥニ街の戦歌

4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
tezoookaさん 青空文庫   読み終わった 

ジャン・ヴァルジャンの登場は少ないが、革命の最中に織り成される若い二人の清らかな心情と、生々しい市民蜂起のシーンのコントラストがミゼラブルだ。物語は大詰めを迎えていく。

レビュー投稿日
2015年4月9日
読了日
2015年4月9日
本棚登録日
2015年3月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『レ・ミゼラブル 07 第四部 叙情詩と叙...』のレビューをもっとみる

『レ・ミゼラブル 07 第四部 叙情詩と叙事詩 プリューメ街の恋歌とサン・ドゥニ街の戦歌』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『レ・ミゼラブル 07 第四部 叙情詩と叙事詩 プリューメ街の恋歌とサン・ドゥニ街の戦歌』にtezoookaさんがつけたタグ

ツイートする