政治理論のパラダイム転換―世界観と政治

著者 :
  • 岩波書店 (1985年9月26日発売)
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
4

現代政治が危機的状況に陥っている事態の根源を、目的を度外視した政治哲学の貧困に求め、政治哲学の復権を企てる。まずレオ・シュトラウスやロールズといった20世紀後半における政治哲学の復権に寄与した人物の業績を批判的に捉えつつ、アリストテレスなどの目的論的世界観と密接に関連した実践哲学の伝統を、今日の政治哲学を超克するものとして高く評価し、政治哲学に求められているのは新たな人間観、自然観を近代科学の成果や近代社会の構造と折り合いをつけつつ構成していくことだと結論づけている。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 政治学
感想投稿日 : 2012年9月10日
読了日 : 2012年9月10日
本棚登録日 : 2012年9月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする