哲学のアクチュアリティ―― 初期論集 (始まりの本)

3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
モンタニャールおじさんさん 現代思想   読み終わった 

「哲学のアクチュアリティ」や「自然史の理念」といった、アドルノの思考のモチーフを知る上で参考になる論述を中心に編まれたアンソロジー。上の2つの論考と「哲学者の言語についてのテーゼ」には、独特の唯物論理解に根ざす終生変わらなかったハイデガーやシェーラー的な現象学に対する批判と、ベンヤミンの鍵概念である「星座的布置(Konstellation)」を自家薬籠中の物にしようとするアドルノの思想的格闘のあとが窺える。

レビュー投稿日
2012年5月14日
読了日
2012年5月14日
本棚登録日
2012年5月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『哲学のアクチュアリティ―― 初期論集 (...』のレビューをもっとみる

『哲学のアクチュアリティ―― 初期論集 (始まりの本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『哲学のアクチュアリティ―― 初期論集 (始まりの本)』にモンタニャールおじさんさんがつけたタグ

ツイートする