合法性と正当性: 中性化と非政治化の時代

3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
モンタニャールおじさんさん 法学   読み終わった 

1932年にカール・シュミットが公にしたヴァイマル憲法批判の論文。ヴァイマル憲法の第2編によって議会制民主主義の根底にある機能主義的中立性が放棄され、憲法第48条に基づく大統領の独裁が合法化された事をもって議会制民主主義の破産を宣告している。これをシュミットによる議会制民主主義一般に対する攻撃と捉えるのはいかがなものか。むしろ、現代議会主義がその精神を失いつつあることに対する診断と受け止めるべきではないのか。いずれにしろ、この論文もまた今日でも思考を促す内容となっている。

レビュー投稿日
2012年2月15日
読了日
2012年2月15日
本棚登録日
2012年2月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『合法性と正当性: 中性化と非政治化の時代』のレビューをもっとみる

『合法性と正当性: 中性化と非政治化の時代』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『合法性と正当性: 中性化と非政治化の時代』にモンタニャールおじさんさんがつけたタグ

ツイートする