サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

4.30
  • (857)
  • (627)
  • (226)
  • (35)
  • (10)
本棚登録 : 9949
レビュー : 662
小松福門さん 河出書房新社   読み終わった 

読んでいる間、わくわくする気持ちが止まらない。現代社会は決まりごとだらけである。既存のものが当たり前すぎて、違和感など感じない。それを、地球を丸ごと見下ろすような広い視野で、客観的に見ているのがユヴァル・ノア・ハラリ氏だ。彼はとんでもない人物である。本書を読むと世の中の捉え方が変わる。

レビュー投稿日
2019年4月14日
読了日
2019年4月12日
本棚登録日
2018年8月5日
12
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸...』のレビューをもっとみる

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする