オーデュボンの祈り (新潮文庫)

3.82
  • (3990)
  • (4704)
  • (5087)
  • (597)
  • (129)
本棚登録 : 33614
レビュー : 3601
著者 :
えんがわさん 小説   読み終わった 

あの伊坂幸太郎さんのデビュー作ということで、楽しみにしていた本作。
遅まきながら読んでみると、思った以上に伊坂節炸裂で、ほんとにデビュー作?とちょっとびっくり(笑)
この小説にももちろん奇妙な登場人物がたくさん出てきますが、個人的に一番好きなのは喋るカカシ、優午。
カカシなのに喋る、しかも未来が見える。すごい。
彼は超然としつつもどこか人間臭くて、この小説を代表する、決定づける、そんな存在じゃないかな、と。
読んでいるときも、読み終わった時も心地よい、弾むようなお話でした。

レビュー投稿日
2017年8月18日
読了日
2017年8月18日
本棚登録日
2017年8月15日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オーデュボンの祈り (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『オーデュボンの祈り (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする