壁 (新潮文庫)

3.66
  • (410)
  • (458)
  • (820)
  • (83)
  • (8)
本棚登録 : 4578
レビュー : 444
著者 :
chikaさん 国内   読み終わった 

学生の時以来の再読。話の展開をすっかり忘れてしまっていたので(苦笑)、ある意味新鮮な気持ちで読めた。
現実の世界と自然につながる、一続きな幻想の世界のイメージに飲み込まれる。「そんなことありえないだろう」と思うようなことが起きるのに、それが本当に起こらないか、と問われると起こりえないとは断言できないと思わされてしまう。それは話の端々に飛び出す、現実世界を鋭く切り取ったような言葉や表現の力だと思った。

二部のバベルの塔の狸の話が好みだった。
本人も気づかない間に、人は誰しもひっそりと“とらぬ狸”を生み出してるのかも知れない。

レビュー投稿日
2012年6月14日
読了日
2012年6月14日
本棚登録日
2012年6月8日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『壁 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『壁 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする