逆説の日本史2 古代怨霊編: 聖徳太子の称号の謎

3.89
  • (23)
  • (23)
  • (24)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 183
レビュー : 11
著者 :
thunamayoさん 興味   読み終わった 

面白くて一気に読んでしまった。
聖徳太子の件はちょっとよく解らなかったのだが、本人は仏教的行動だったのを、周りはそうとらなかった、という理解で良いのかな。

天智天皇と天武天皇の話は、国際情勢も絡む話とは思わなかったけど、遣隋使、遣唐使の話も含め、さまざまな点が解消されるし、納得できる。こういう日本史の授業ならもっと受けたいと思う。

2015.09.06

レビュー投稿日
2015年9月6日
読了日
2015年9月6日
本棚登録日
2015年9月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『逆説の日本史2 古代怨霊編: 聖徳太子の...』のレビューをもっとみる

『逆説の日本史2 古代怨霊編: 聖徳太子の称号の謎』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする