堕天使殺人事件 (角川文庫)

  • 角川書店
3.19
  • (1)
  • (5)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 57
感想 : 7
4

一本の物語として見たら、いまいちと感じるかもしれない。しかし、一本の物語を複数の作家が書いた、ということにこの本の価値はあると思う。打ち合わせなしで書いたというこの作品、各章でどんどん話が変化していき、各作家の個性がアンソロジーでは味わえない形で披露され、話がどう展開していくのかが読者だけでなくリレーのバトンを握る作家も分からない。こんな面白い試みは滅多に見られない!

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2007年3月8日
本棚登録日 : 2007年3月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする