もういちど生まれる

3.62
  • (106)
  • (244)
  • (242)
  • (41)
  • (8)
本棚登録 : 1667
レビュー : 295
著者 :
tiaraさん 朝井リョウ   読み終わった 

大学生の群像劇。
高校生を書いた作品のときほどの瑞々しさは感じなかったけど、やっぱり瑞々しい。
大学生という時期の微妙な揺らぎが、なんか脆くて儚くてほろ苦い。

高校生のときほど世界は狭くなく、社会に出たときほど現実に晒されない。
モラトリアムを生きてるときって、大げさに悩んだり、くだらないことで嫉妬したり、すぐに前向きになれたり、夢も希望も志もシンプルで、ほんと前途が洋々であり多難であり。
そういう痛みはちょっと思い出してひりひりする。

大学のころって、すぐ先の未来の明確な目標を持ってる人と漠然と過ごしている人との差が大きいこともあって、いま思い返せば子どもだったなぁと感じる、じたばたしていた中途半端だった自分を思い出してしまいますな。

あと、タイトルがいいね。

レビュー投稿日
2013年3月12日
読了日
2013年3月12日
本棚登録日
2012年12月20日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『もういちど生まれる』のレビューをもっとみる

『もういちど生まれる』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『もういちど生まれる』にtiaraさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする