心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)

4.27
  • (665)
  • (687)
  • (207)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 3520
レビュー : 539
著者 :
tiaraさん 高田郁   読み終わった 

(2014年8月23日 再読)

心星ひとつは、みをつくしの中でもとても印象深いシーン。

最終話を読んでのはじめからの一気の読み返しは、沢山の伏線に今からラストを思い描いて涙が滲む、ということの繰り返しです。


初めの牡蠣や、こないだのところてんや鱧や、今回の生麩も、食文化の違いに関しては、澪の感覚に寄り添えるのがとてもうれしい。
鱧も生麩もおいしいよねー。

レビュー投稿日
2014年8月23日
読了日
2012年3月1日
本棚登録日
2012年4月10日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹...』のレビューをもっとみる

『心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)』にtiaraさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする