“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)

4.31
  • (151)
  • (93)
  • (52)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1069
レビュー : 81
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
ちこ(´・ω・)さん 野村美月   読み終わった 

夏目漱石の「こころ」、チェーホフの「桜の園」をモチーフに書かれたお話。
「こころ」をモチーフに書かれたお話は、人の思いの裏の裏、汚い部分までもがさらけ出されてました。
自分の思いは素直に口に出さなきゃ、やっぱり伝わらないものなんですね。
「桜の園」をモチーフに書かれたお話の方は、読んでいて苦しくなりました。
爽やかで純粋とも感じたのですが、その中にある悩みがすごい共感できて…。
伝えたいことを伝えきると、こんなに前を向いて歩けるのだなと感じました。

レビュー投稿日
2014年10月23日
読了日
2014年10月23日
本棚登録日
2014年10月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通...』のレビューをもっとみる

『“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする