“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)

3.98
  • (233)
  • (188)
  • (226)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1806
レビュー : 122
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
ちこ(´・ω・)さん 野村美月   読み終わった 

ジッドの「狭き門」をモチーフに書かれたお話。
遠子先輩のことについて、知っていく物語です。
流人くんの追い詰め方は本当に精神的にきますね…。
心葉くんが壊れてしまわないか心配になりました。
この後どのような展開になるのか、遠子先輩は無事に入試に受かり卒業できるのか、気になる事がたくさんで早く下巻を読みたくなる物語でした。

レビュー投稿日
2014年10月25日
読了日
2014年10月25日
本棚登録日
2014年10月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ...』のレビューをもっとみる

『“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする