サタニック・スイート (アフタヌーンKC)

3.83
  • (111)
  • (171)
  • (133)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 1673
レビュー : 137
haruさん マンガ   読み終わった 

すばらしい! ヤマシタトモコさん作品に一貫して存在している萌と切れ味とがビリビリに溢れている作品。短編集。

以下、各話ごとの感想。
ストーリーが素晴らしいのは前提なのでそれについては基本、省略。

《edge of her》
主人公が凄まじく可愛らしく、美しい。
不安定さ、大人でも子どもでもない境界の、
あの意味の分からない程の空気感にあふれていてステキ。
ラストから2ページ目中央の「まぶしい」カットが
ともかくステキ。惚れる。

《イナズマ》
「バカな主人公」の少年がとても可愛い。サンダルのカットが好き。
彼女の男前さも好き。
「横谷ばかなんです そこが好きなの」が可愛いすぎる。
愛のこもった作品でした。

《サタニック・スイート》
表題作。切れ味絶品の、骨太でほかほかしたお話。
主人公の子が借金取りの皆様に愛されすぎていて、
もちろん彼らはシビアでもあるのだけれど、
見ていて本当に嬉しい気持ちになった。
あと事務所受付? の毒舌女性が大好き。
彦間さんがイケメン。超絶イケメン。(個人的には)
鳥平さんはキュート。
モップで飛んだ魔女の映画は見たことが会ったけれど、
「エモノ」の木刀をちょっとお借りして飛ぶ魔法使いは新鮮だった。
最後の1ページの「スッキリ☆」感は快感。

《ねこぜの夜明け前》
めばるっちがともかく愛おしい。
ぎょろぎょろしてて、おどろおどろしくても可愛い。
第一、山頭火のラーメンと王将の餃子が好きなヤツに悪いヤツはいねぇ!
梢ちゃんのおでこと、梢ちゃんのパパがステキ。
ラストの「べーっ!」もほのぼのしていてよい・v・

《ビューティフルムービー》
しっとりと不思議な後味の作品だった。
くそ女のせいでちょっと弱気な彼氏とダメになった、
のだと思うのだけれど、
くそ女ちゃんががくそすぎたせいで
弱気彼氏もくそ男だったことがわかり、
くそ女がくそすぎて可愛く見えて来てしまう、という。。。
冴えない職業不明の青年はあまり冴えないままで
わーお、と思った。

《MUD》
恐ろしいのだか恐ろしくないのだかを述べるのは難しい。
けれど、実は一番の中毒性を持った作品かもしれない。
『ドントクライ、ガール』を彷彿とさせる
爆弾のような心臓の抉られ方がベタに幸せすぎてステキ。
主人公の少女が可憐。
相手の男性のドMな変態ぶりも、変態だった。
2人が2人とも可愛くて
とても満足な作品だった。

レビュー投稿日
2012年9月27日
読了日
2012年9月27日
本棚登録日
2012年9月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サタニック・スイート (アフタヌーンKC...』のレビューをもっとみる

『サタニック・スイート (アフタヌーンKC)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『サタニック・スイート (アフタヌーンKC)』にharuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする