アメリカ居すわり一人旅 (角川文庫)

3.37
  • (26)
  • (35)
  • (100)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 451
レビュー : 42
著者 :
tikuoさん エッセイ   読み終わった 

有名だけど初めて読む作家。大学時代(1980年代前半?)に一人でアメリカに渡り、3ヶ月暮らした思い出の話。

言葉は非常に軽快で、説明も簡潔なため情景が想像しやすく、文にリズム感とダイナミクスがあるので、するすると読める。ただ始終誰かに怒っていて、世の中の人すべてが大嫌いというような内容がかなり鼻につく。

内容としては、着いたらホームステイの予定なのにモーテル暮らしになったり、生活していけないから企業内でモデルをやって糊口をしのいだりと、本当に波瀾万丈なのだが、いかんせん触るもの皆傷つけるヤマアラシ的な文章が続くもんだから、どんだけ本当でどんだけが脚色なのか、つい冷静に考えてしまう。

さらに、文の勢いを大切にしているところが多く、話を会話として読むために、読者に必要以上の理解を求めるところもあり、つまりは言葉が足りないと感じるところも多々見られた。

また一箇所、小題の付け方に問題があって、「こうなるんだな」と読者に気にさせてしまったのは失敗だろう。

話の文面そのまま取ると、本当にそのままドラマにでもなりそうな話なので、もうちょい脚色と「だれがどうした」を補った上で、私小説にしたほうが良かったんじゃないかなあ。

とにかく、このリズムに合えば面白く読めるし、合わなければいらいらするだろうという話で有ります。ワタシはばっちり合いました。

レビュー投稿日
2015年2月10日
読了日
2015年2月9日
本棚登録日
2015年2月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アメリカ居すわり一人旅 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『アメリカ居すわり一人旅 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする