虚無への供物 (講談社文庫 な 3-1)

著者 :
  • 講談社 (1974年3月1日発売)
3.77
  • (143)
  • (110)
  • (208)
  • (13)
  • (6)
本棚登録 : 1268
感想 : 135
3

ボリュームを含め、壮大なる実験小説である。探偵小説マニアな人々が集い、氷沼一族をめぐる変死とその犯人を推理しあう一見推理小説でも有る。

読んでいる途中で気づいたのだが、「ドグラ・マグラ」「黒死館殺人事件」と並んで、日本の三大奇書と呼ばれている作品らしい。しかし訳の分からない文章でもなく、突飛な状況が起こるでもなし、さらには特異な隔離状態でもない。序盤を除いた全般にわたって平易な言葉で記載されているので、だれでも筋を追うことは可能だろう。

しかし、ボリュームも相まって、読んでも読んでも進まないという状況が続くため、奇書と呼ばれている所以ではないかと思う。

こういう本は全否定派と崇める派の2つにわかれそうなので、シンプルに内容を評価すると、紅、橙、蒼、藍、玄に緑と黄という色で表される登場人物や部屋が登場する。これはポーの作品のオマージュらしく、内容でも触れられているのだが、それが仇になって、登場人物のほとんどが記号化してしまっている。その他の登場人物は、全て作者の分身であり、探偵小説とシャンソンの知識をひけらかす以外のキャラクター付けがなされていないのは、なかなか読んでいて辛いところだ。

さらに、要所要所で事件が起こるのだが、その事件を咀嚼するまでに、違うイベントが起こってしまうため、作品を俯瞰した時に、イベントの割に単調に感じてしまうのは否めない。

文章は丁寧だし、イベントもわかりやすいのに、「読んでも読んでも進まない」と感じさせるのはその辺りにあろうかと思う。

更に読者を遠ざけていると思うのが、特に序章での探偵小説の知識のひけらかしであろう。乱歩の続・幻影城を引き合いに出すのはいいが、いちいち固有名詞を形容詞化して、状況を語るのはいかがなものかと思う。

個人的には奇書とは思わなかったし、「アンチ探偵小説」という読解も、最後の一言以外外れていると思う。しかし、少なくともこの本を読む前に、ドイル、ポー、クリスティー等の著作をある程度読んでおかないと、理解以前に挫折する可能性があるのではないかと思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 実験小説
感想投稿日 : 2015年3月27日
読了日 : 2015年3月27日
本棚登録日 : 2015年3月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする