猛スピードで母は (文春文庫)

3.49
  • (84)
  • (216)
  • (356)
  • (24)
  • (12)
本棚登録 : 1496
レビュー : 229
著者 :
tikuoさん 一般小説   読み終わった 

この作家は初読。なんか賞を取った本なんでしたっけ?母親が家出して、また帰ってくる家族の話と、母子家庭の話の中編2本を含む。いずれも視点が子供だが、一人称ではなく、あくまでも傍観という形で描かれている。

登場人物は、各作品とも非常にアクの強い人ばかりなのだが、「○○した」と、徹底して情景を細かく淡々と述べることで、非常にあっさりとした描写である。起こる事件もものすごく大きいものではない。

そんなもんだから、1作目はなんだこれ?と思っているうちに読みきり、2作目で少し作者のペースに入れた感がある。

淡々と起伏がなく退屈という人はいるだろう。一方的な視点のみで、ライトノベル的なところも無いでもない。しかし、つい読ませる「何か」があるので、退屈感・不快感などはなかった。

もう1冊くらい読んでから、判断してみたいと思う。

レビュー投稿日
2015年5月22日
読了日
2015年5月21日
本棚登録日
2015年5月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『猛スピードで母は (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『猛スピードで母は (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする