金木犀二十四区

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年9月1日発売)
3.31
  • (8)
  • (28)
  • (47)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 262
感想 : 46
4

最初にいた場所がいいところじゃなくても、次を探せばいい。誰でも自分の意志で、自分の居場所を選ぶことができる。
和花屋の秋と山伏の岳史は天狗の脅威の渦に巻き込まれながら、自分たちの過去に決着をつけました。ファンタジーぽくて、ミステリっぽくて、そして新しい一歩を踏み出すお話でもありました。
天狗があの人で、失踪した山伏があの人だったのかぁ。なるほど!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本文学:著者ま行
感想投稿日 : 2016年12月2日
読了日 : 2016年12月2日
本棚登録日 : 2016年12月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする