十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

4.09
  • (1985)
  • (2053)
  • (1101)
  • (158)
  • (31)
本棚登録 : 15746
レビュー : 1606
著者 :
地球っこさん 日本文学:著者あ行   読み終わった 

ミステリ小説を手に取りはじめた頃に一度読んだ。この叙述トリックには本当に驚かされたのを覚えてる。ミステリってこんなに面白いのかと深く感銘を受けた作品だった。明らかになった犯人に対しての衝撃は凄まじく、その記憶が蘇ってきたものの今回もとても面白く読み終えることができた。隅々まで想像力を働かすことができ、前回以上に興奮したかもしれない。
何度も新鮮な気持ちで読めるミステリって貴重だと思う。
真っ向から読者に勝負してくる。
ぐんぐんストレートで攻めてくる本格ミステリ。
おすすめ。

レビュー投稿日
2020年3月14日
読了日
2020年3月14日
本棚登録日
2020年3月14日
51
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『十角館の殺人 <新装改訂版>...』のレビューをもっとみる

『十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする