点と線 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (1971年5月25日発売)
3.59
  • (343)
  • (673)
  • (915)
  • (114)
  • (15)
本棚登録 : 5667
感想 : 596
5

捜査は足で稼げ。現場100回、お茶汲み三年などの印象がわたしには強い昭和の刑事たち。推理小説ではあるけれども、容疑者を地道な捜査と執念で追い詰めていく刑事たちの物語、人間ドラマに感情を持っていかれました。推理というよりも“刑事の勘”が何かおかしいと、三原刑事や鳥飼刑事たちを揺り動かしてるようです。彼らの前に立ちはだかるのは鉄壁のアリバイ。それを崩すために身を粉にしながら捜査を続けます。あぁ、三原刑事は何足靴を駄目にしたんだろう。。。暴力や残虐な描写などは一切なく、また刑事たちも声を荒げることも拳銃を発砲することもありません。ただ刑事たちの一途な姿に好印象を持ちました。わたし的には上司を抑えながら三原刑事のやりたいようにさせてあげる、笠井主任が好きですね。アリバイが崩れていくさまに引き込まれていきます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本文学:著者ま行
感想投稿日 : 2018年1月6日
読了日 : 2018年1月6日
本棚登録日 : 2018年1月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする