薬指の標本 (新潮文庫)

3.66
  • (796)
  • (1012)
  • (1633)
  • (155)
  • (24)
本棚登録 : 7843
レビュー : 1093
著者 :
地球っこさん 日本文学:著者あ行   読み終わった 

喪失したからこそ永遠に忘れられないものがある。それは、繰り返し思い出し、懐かしむものではなく、心の奥底に封じ込め、分離し、完結させるもの。人はそれを「標本」にする。

存在したものが消えてなくなること。
それは万物の理とでもいうのかな。
けれどこの作品で、「ある」ものと「ない」もの、その両方が不安定な均衡で一緒に存在することに気づかされた。
消滅したはずのものが「標本」を通じて、そこにあること。とても神秘的でありながら、あまりにも当然のことのようにも思えるのだ。

彼の手のなかで揺らめく「わたし」の一部。ひそやかに恍惚に。「わたし」はそこにある。

レビュー投稿日
2019年5月7日
読了日
2019年5月7日
本棚登録日
2019年5月7日
15
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『薬指の標本 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『薬指の標本 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする