アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

3.89
  • (3968)
  • (4632)
  • (4409)
  • (400)
  • (103)
本棚登録 : 34135
レビュー : 3166
著者 :
地球っこさん 日本文学:著者あ行   読み終わった 

人間は死んでも生まれ変わるだけだから、悲しくはない。
でも、大切な人たちに置いていかれたら、ひとりぼっちになってしまったら、やっぱり悲しいよ。
必ずいつか来る人を待つよりも、会いにいけるのがいつになるか分からず取り残される方が寂しいんだと思う。
二年前から立ち止まったままの彼の時間軸に風穴を開けたのは、彼らの物語に何の関係もなかった椎名。動き出した時間は、他人から見たら決して良い方向へ転がりだしたのではなかったけれど、でもひとりぼっちの彼にはやっと訪れた救いになったんだと思う。

レビュー投稿日
2018年3月24日
読了日
2018年3月24日
本棚登録日
2018年3月24日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文...』のレビューをもっとみる

『アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする