万能鑑定士Qの推理劇I (角川文庫)

3.67
  • (97)
  • (238)
  • (228)
  • (25)
  • (5)
本棚登録 : 1817
レビュー : 167
著者 :
ゆづきさん 2016年   読み終わった 

高校までどん底の成績だった、人の住む日本最南端の島で育った天然少女である凜田莉子が、持ち前の感受性で五年で驚異の頭脳派に成長し、色々な謎を考える間もなく瞬時に解く様子にわくわくした。コンビニ強盗の消えたナイフとお札や宝石鑑定等。表層のキャラクターを楽しむにとどまり物語にはあまり入り込み切れなかった。

レビュー投稿日
2018年10月9日
読了日
2016年9月27日
本棚登録日
2018年10月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『万能鑑定士Qの推理劇I (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『万能鑑定士Qの推理劇I (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする