“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)

4.16
  • (70)
  • (83)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 546
レビュー : 57
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
ゆづきさん 2016年   読み終わった 

内気な引きこもりの儚い夕雨と是光が恋をするのが意外で、でもやっぱりそのままハッピーエンドとはならなかった。素直になれない性分の帆夏や恋とは認めないけれどすっかりファンな葵もいるし、今後も増えていくのだろうなあ。ヒカルが語る花の描写が楽しい。料理が趣味な俊吾が兄的に葵の恋に苦悩する短編が可愛かった。

レビュー投稿日
2018年10月9日
読了日
2016年5月12日
本棚登録日
2018年10月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2...』のレビューをもっとみる

『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする