バビロン 2 ―死― (講談社タイガ)

4.17
  • (42)
  • (29)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 252
レビュー : 35
著者 :
ゆづきさん 2016年   読み終わった 

齋開化により自殺法が宣言され正崎検事を筆頭に法務省、検察庁、警視庁を跨いだ機密捜査班が組織される。自殺法の是非の討論番組が中継され、それを経て域議選挙が開催される。捜査班と共に正崎と淡々とした事務官の瀬黒が齋を追う中、曲世愛が全てに張り巡らすように暗躍し死に誘惑し、終盤は特にその勢いに飲み込まれた。

レビュー投稿日
2018年10月10日
読了日
2016年12月4日
本棚登録日
2018年10月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『バビロン 2 ―死― (講談社タイガ)』のレビューをもっとみる

『バビロン 2 ―死― (講談社タイガ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする