SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)

3.42
  • (29)
  • (99)
  • (135)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 738
レビュー : 89
著者 :
ゆづきさん 2018年   読み終わった 

治る見込みがなく死を願う患者達を解放する為キリスト教の神の意思と称し代理として十年もの間多くの殺人を犯して来たシリアルキラー琥珀医師が鮮烈。それ以外の面々は個別認識が出来なかったけれど展開は追えた。一冊がぎゅっと一纏まりになっていて冗長にならない。院内の雰囲気が無理なく満ちている。結末が寂しい余韻。

レビュー投稿日
2018年10月16日
読了日
2018年10月5日
本棚登録日
2018年10月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする