ウケる技術 (新潮文庫)

3.47
  • (111)
  • (164)
  • (251)
  • (50)
  • (27)
本棚登録 : 1739
レビュー : 197
おばけやさん  未設定  読み終わった 

何度も読み返す必要のある本。書いてあるテクニックは、全て実践し、自分の血肉としなければならない。

暗黙理になっている、コミュニケーション強者の技術を、一言でコンセプト化し、40にまとめているだけで価値がある。会話の奥深さが分かる本。

本書を貫く原則として、特に役に立つと思ったものが2つある。
1つは、「コミュニケーションはプロレス」という原則である。会話においては、どちらかが技をかけ、その技に気持ちよく乗っかってやるのが大事なのだ。互いが技を掛け合い、双方に面白い空気を創り出すのがコミュニケーション。ときには、相手の技やいじりに乗っかることに不愉快な場面もあるだろう。ただ、致し方ない。コミュニケーションはプロレスなのだから。

2つめに、「コミュニケーションはサービス」という原則である。全てのコミュニケーションの目的は、相手を気持ちよくし、喜ばせることにある。この原則を大切にするからこそ、お笑い芸人のように、40もあるテクニックを駆使して、会話をしようと思える。相手を喜ばす、ゲームのように捉え、会話をしていくことが大事だろう。

3つめに、「面白い会話はすべからくふざけている芸人のよう」であることだ。少なくとも、この本に載っている事例は、全て芸人のような、話立ち振舞いが書かれている。芸人の振る舞いや、面白いことを言うのは、そういうキャラのやつの仕事、だと思ってはいけない。相手を笑わせ、喜ばせるには、常にふざける人であれ。相手をおちょくり、定石から外れた行動を取り、おどけてみせ、オーバーなりアクションをすること。一言で言うなら、「普通の会話をしない」ことと言えようか。普通で落ち着いた会話をしないというのは、これは陰キャラにはとてもつらい。ただ、ウケる技術を提唱する人たちが、すべからくふざけて面白いことを言えと行っているのは考慮に値する。

●気になった点
本書の事例で書いてあるのは、全て「いじられおもしろキャラ」という前提であるため、全員がそのまま活用可能というわけではない。何を言うかだけでなく、誰が言うかも評価されるのがコミュニケーションである。あくまで、自分に合ったキャラを見極めつつ、テクニックを繰り出していくことだろう。

レビュー投稿日
2019年2月16日
読了日
2019年2月16日
本棚登録日
2019年2月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ウケる技術 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ウケる技術 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする