影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果

3.82
  • (11)
  • (13)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 288
レビュー : 15
制作 : Steve J. Martin  Noah J. Goldstein  Robert B. Cialdini  安藤 清志  曽根 寛樹 
おばけやさん  未設定  いま読んでる 

影響力が与える、スモールビッグなケーススタディを大量に学べるのが本書

*人々は、「ちょっとの綻び」がある専門家の意見に耳を傾けたくなる。なので、多少の綻びを隠さず、不確実性を残す。そうすることで、相手の顧客の好奇心を刺激できる
*未来について考えさせると、その人は興味を持つ。将来的にどうなるか、という、未確定な要素の部分に訴求できれば、意味を持つ
*約束を守ってもらうために、相手に時間を居合わせるようにする
*目標値には、幅を持たせよう
*やっぱり、ホーム会場の方が勝率が高くなる
*プレゼントは、直接相手に聞いて、その欲しているものを渡したほうが喜ばれる
*提示額には、端数をつけるべし。キリが悪い金額の方が「正当に考えられえて決められた金額なんだ」というように認識される
*「あと何個」と意識するよりも「もう何個」というように考えるようにする。残りではなく、自分の達成に目を向ける



〇具体的なアクションとしてどう生かすか
・自分で作る目標には幅を持たせる。月間ルーティンや仕事の目標にも幅を創らせようか

レビュー投稿日
2019年4月10日
本棚登録日
2019年4月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み...』のレビューをもっとみる

『影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果』におばけやさんがつけたタグ

ツイートする