黒い画集 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (1971年11月2日発売)
3.94
  • (43)
  • (79)
  • (46)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 679
感想 : 46
5

短編七編のうち四編までが、男と女の愛憎を描いている。
一般論として、女の嫉妬は時として激しいが、男の嫉妬は醜悪に見える。
と、つくづく思わされたのが「坂道の家」である。
全体的には、男には男の立場の秘密、女にも同様に持ち合わせているのです。
自らの安全と出世を願う人たちは、誰しもが持っている不透明な部分を、見せかけのアピールで透明性を保つことで、組織の中で安心感を与え出世コースを辿るのであろうが、少しでも不透明な部分を見せてしまうと排除されてしまう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ミステリー(推理小説)
感想投稿日 : 2018年11月26日
読了日 : 2018年11月25日
本棚登録日 : 2018年10月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする