探偵チームKZ事件ノート 初恋は知っている 若武編 (講談社青い鳥文庫)

4.16
  • (11)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 5
著者 :
月居遥さん 少女小説系   読み終わった 

続けて読みました。ほぼ刊行分追いついてきましたが、
所持してる2冊(卵ハンバーグ、天使)だけ遅れてます;

今回もなかなかどうして。
やっぱり掘り下げが足りないとは思いますが、
今回はまぁ児童書としてはこんなもんかな?て感じでした。
必要以上に重くなりすぎずで。
初恋の流れが、賢い子らしいなぁと(^^♪

初恋もですが、傍に見るだけでなく、実際に
話したり他の側面を見ないとわからない部分は多いので
(実際関わっても氷山の一角といっていいくらい)
ろくに知りもしないでわかった気になってはいけないなぁ
というのは何歳になっても課題ですね。
そういう部分が今回は書かれてたのが嬉しい。

おまけで、シャリの小塚君が光るエピが出てくると
「おおお藤本先生節だ~」です。
近年ではフランスなどの歴史系の印象が強いですが、
確か大昔にエッセイかで元々は理系の研究かと
されてたと伺った記憶があるので、旧KZ時代も
それでお詳しいのか、と思った覚えがあります。

レビュー投稿日
2014年6月22日
読了日
2014年6月22日
本棚登録日
2013年5月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『探偵チームKZ事件ノート 初恋は知ってい...』のレビューをもっとみる

『探偵チームKZ事件ノート 初恋は知っている 若武編 (講談社青い鳥文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『探偵チームKZ事件ノート 初恋は知っている 若武編 (講談社青い鳥文庫)』に月居遥さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする