解体屋外伝 (講談社文庫)

3.90
  • (35)
  • (26)
  • (37)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 210
レビュー : 26
tkhcさん  未設定  未設定

ドライブ感が心地よいサイエンス・フィクション。
かと思いきや、うーん。
壮大なメタファー。
かと思いきや、うーん。
これはほとんど現代日本でしょう。
高度資本主義社会の処世術としても受け取れる。

三人称で語られるので、それぞれのプレイヤーになって楽しめます。
文章の推進力というよりも、テレビゲームのような躍動感が原動力の小説かと。

あと、書かれていることは、いとうせいこう氏本人のメソッドでもあるのかなあ、と。

レビュー投稿日
2011年5月29日
本棚登録日
2011年5月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『解体屋外伝 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『解体屋外伝 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする