偶然の祝福 (文芸シリーズ)

3.36
  • (7)
  • (36)
  • (77)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 223
レビュー : 39
著者 :
あおくじらさん  未設定  読み終わった 

博士の愛した数式が好きで、なんとなく気になってた小川洋子さんの本。
出だしは何だかエッセイみたいな文調だから、ご本人の話なのかと思っていたら、どんどん暗くなっていって、最後はすごかったので、やっぱりこれはフィクションだ。
暗いような、ホッとするような、どうなっちゃうんだろうと心配になるような、不思議な感覚は期待以上でした。
ブログでの紹介はこちら→http://monogatarigatari.blog.fc2.com/

レビュー投稿日
2013年5月1日
読了日
2013年5月1日
本棚登録日
2013年5月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『偶然の祝福 (文芸シリーズ)』のレビューをもっとみる

『偶然の祝福 (文芸シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする