余は如何にして基督信徒となりし乎 (岩波文庫 青 119-2)

3.31
  • (8)
  • (7)
  • (34)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 232
レビュー : 19
著者 :
制作 : 鈴木 俊郎 
tamamotokojiさん  未設定  読み終わった 

書店でなんとなく立ち読みして、冒頭の家族のことを語った部分に惹かれてお買い上げ。

はじめは入信を拒絶していた内村鑑三が、学校の上級生に強制的に『基督を信ずる者の契約』に署名させられ、洗礼を受け、自分たちの「教会」を造り、聖書を学び、アメリカに留学して帰国するまでの信仰の遍歴を綴る。

キリスト教を自分なりに解釈し、留学中も当時のアメリカのキリスト教社会に染まることなく、独自の信仰を貫きとおした内村の姿には、キリスト教徒でなくても勇気付けられる。

レビュー投稿日
2013年9月27日
読了日
2013年9月23日
本棚登録日
2013年6月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『余は如何にして基督信徒となりし乎 (岩波...』のレビューをもっとみる

『余は如何にして基督信徒となりし乎 (岩波文庫 青 119-2)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする